プログラミング

プログラミングの授業ってなにするの?

今回は最近よく耳にする「プログラミングの必修化」についてお話をします。

2020年プログラミング教育必修化

新学習指導要領では2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されると明示さており、保護者だけでなく先生方の中にも「プログラミングの授業ってなにをするの?」と疑問に思っているのが現状です。

そんな中で、「2020年プログラミング必修化」という言語に惑わされて勘違いされている方が多くみられます。
そんな勘違いを紐解いていきましょう。

プログラミング必修化の3つの勘違い

①『プログラミング』という新しい教科ができる×

必修化されたからといって、新しく『プログラミング』という教科が作られるのではなく、教科書もなければテストで評価されることもありません。

では、どう必修なのかというと、算数や理科、総合的な学習の時間など、すでにある教科の中でプログラミングの学習を取り入れることが必須とされたのです。しかしながら、どの教科にどう取り入れるかは各学校にゆだねられているのが現状です。

②プログラミングの授業では、プログラミング言語の使い方を覚える×

プログラミングと聞くと、アルファベットのプログラミング言語をパソコンに打ち込んでいくのを想像する人が多いかと思いますが、子供たちには難易度が高く小学校の教育現場では、実際のプログラミングの前段階、その考え方を身に着けることが目的とされています。

プログラマーの育成が目的ではない

プログラミング言語の使い方を覚えることではなく
“プログラミング的思考”
物事には手順があり、うまく手順を踏むと、物事をうまく解決できる、といった論理的に考えていく力の育成が目的です

③プログラミング教育では、毎回パソコンやタブレットを使って勉強する×

プログラミングと聞くとどうしてもパソコンやタブレットなどの電子機器を使うことと思われ、「子供のうちからITに頼る」ことをよく思わない方や「そもそも機器をそろえるお金をどうするか」という声を耳にしますが、小学校でのプログラミング教育としては、もちろんパソコンやタブレットなどのICT機器を使った授業も考えられますが「ペーパープログラミング」のようにアルゴリズム(プログラミングの流れを)ものなどをつかって学習する方法も注目を浴びています。

例えば、こんな問題もちゃんとしたプログラミングの考え方です。

問題:今日の朝からの出来事の流れ
(フロー)を書いてください

答え:
1・朝起きる
2・歯を磨く
3・朝ご飯を食べる
4・着替える
5・ランドセルを背負う
6・学校に行く

といったように、「結果」に向かう過程を「手順」で表すことも、ちゃんとしたプログラミングの考え方です。

勘違いポイント

1・「プログラミング」の科目はない
2・プログラム言語を覚えるでない
3・必ずIT機器を使うわけではない

プログラミング的思想でどうなる?

 

さて、では「プログラミング的思想」でどうなるのか?と保護者の皆様は思われるかと思います。近年、ITの発達により、ボタンを押せばお米も炊けるし、洗濯乾燥もしてくれる。ご家庭によっては勝手に掃除もしてくれる。わからないことがあればすぐに結果を知ることができるようになりました。そんな中で懸念されているのが、「なぜ」「どうして」こうなるのか?という過程を考える力が衰えることです。

「なぜ」「どうして」を考え「結果」「ゴール」を目指す。

プログラミングの世界ではスタートとゴールしかありません。

算数では5+5の答えは10が正解ですが

プログラミングでは5+5の答えが9+1でも3+7でも正解なのです。

結果さえたどり着けばその過程が遠回りでも近道でも子供たちの柔軟な考えを育成するのがプログラミング教育の目的となっています。